ライフ

ふたご座流星群 2020 東京は何時からどの方向に見える?

2020年12月11日

ふたご座流星群 2020 東京は何時からどの方向に見える?

ふたご座流星群 2020 東京は何時からどの方向に見える?

2020年、ふたご座流星群が見える日が近づいてきました✨

ふたご座流星群は近年では明るい流星が増えてきていて、毎年ほぼ安定して、多くの流星が出現してきているそうです。

ふたご座流星群は、

  • しぶんぎ座流星群
  • ペルセウス座流星群

と並び「三大流星群」と呼ばれ、親しまれています。

今回はふたご座流星群が東京からだと何時からどの方向に見えるのかなどについて紹介します!

こんな方におすすめ

  • 2020年のふたご座流星群はいつ見れる?
  • ふたご座流星群の見える時間帯は?
  • ふたご座流星群はどの方向を向けばいい?

ふたご座流星群 2020 東京は何時からどの方向に見える?

2020年、ふたご座流星群は、

12月14日10時頃に極大を迎えると予想されています。

この極大になっている時間帯が、日本で観測しやすい時間帯と比較的近いそうです!

しかも15日が新月のため、月明かりの影響の心配もありません。

かなりの好条件で観察することができそうです✨

ふたご座流星群は何時に見える?

流星が最も多く現れると予想されているのは、

12月13日の夜から14日の明け方

にかけてです。

13日から14日に日付が変わる深夜0時前後、

最大で1時間あたり55個前後の流星が見られると予想されています!

55個ってかなりの数ですよね✨

また、

12月12日の夜、14日の夜

も、最大で1時間あたり20個を超える流星が出現すると考えられています。

12月12日、13日、14日、

いずれの夜も流星は、

20時頃から現れ始めます

本格的な出現は22時頃からはじまって、0時を過ぎた頃に数が最も多くなって、夜が明けてくるころまで流星の出現が続くそうです!

ふたご座流星群はどの方向を見たら見える?

ふたご座流星群は、空全体に現れるので、どの方向を見ても見えます。

なのでできるだけ広い範囲を見渡すようにすると見える確率アップ!

屋外の暗さに目が慣れるまで少し時間がかかるので、最低でも15分は余裕を持って早めに外に出てると安心です。

良い場所があれば、レジャーシートを敷いて寝ころびながら観察観察するとよく見えます。

12月ともなるとどこも寒いのと、コロナ禍でもあるので防寒はしっかりと、混雑していない場所だと安心ですね。

くれぐれも事故にあったりしないように、場所選びは慎重に、マナーを守って観測しましょう。

ふたご座流星群 YouTube動画

かなりの数の流星が見えますね!

ふたご座流星群 東京都のお天気は?

太平洋側は晴れ間が広がり、特に関東では星降る夜になるとの予報です。

これほどの好条件は3年ぶりとのことなので楽しみですね✨

ふたご座流星群 2020 東京は何時からどの方向に見える?

まとめ

  • 2020年のふたご座流星群は、12月12日、13日、14日の3日間に観測できて、13日~14日にかけての深夜がピーク
  • ふたご座流星群はどの方角にも見える
  • 2020年のふたご座流星群は最大で1時間に55個の流星群が見える可能性あり

ふたご座流星群は3大流星群のひとつで、近年では明るさも増してきて、多くの流星が見えます。

そういえば小学生の頃、友達の家の屋上に布団を敷いてもらって寝ころびながら流星の観察をしたことを思い出しました。

流星を待ってワクワクしながら空を見ていたことが昨日のことのように思い出されます。

流星って不思議といつまでも思い出に残るものですね。

ぜひお子さんの思い出作りにもふたご座流星群を探してみてはいかがでしょうか✨

-ライフ
-, , , ,

error: Content is protected !!

© 2021 気になることブログ